RIZAP WOMAN(ライザップウーマン)の女性専用ぶりを徹底解剖!

ライザップウーマン新宿店

普通のRIZAP(ライザップ)にも「モデルプログラム」、「美脚プログラム」といった女性向けプログラムがあるし、ビフォアアフターを見てもいっぱい結果が出ているのに、ライザップウーマンは何が違うの?って思いませんか?

トレーナーが全員女性とか美容マシンがあるとか、分かりやすいところに目が行きがちですが、細かく見ると違いがたくさんありますし、ちょっと突っ込みたくなるような部分もあるのです。

また、他の女性専用パーソナルジムと比較するとどうなのか、料金も含めて分析しましたのでぜひ参考にしてください。

※写真の出典はHOWZAP

ライザップウーマンはここがライザップと違う

筋トレだけではなくなったトレーニングの違い

ライザップウーマン新宿店

ライザップの50分トレーニングではほとんど筋トレが中心ですが、ライザップウーマンでは筋トレ(ウェイトトレーニング)に加えて、ファンクショナルトレーニング※ストレッチが入ります。

ライザップでも80分以上のトレーニングや、モデルプログラムなどの女性向けプログラムでは同じトレーニングを取り入れていますが、ライザップウーマンは女性のボディメイクに特化して、基本プログラムから組み合わせているところが違うのです。
今はまだ公式サイトのビフォアアフターもライザップでのモニターさんですし。

※ファンクショナルトレーニングとは「身体の機能を高めるためのトレーニング」
ライザップウーマンでは体幹トレーニングも含めてファンクショナルトレーニングと言っているようです。

 

料金は同じだけどプログラムの違いあり

ライザップウーマンの料金体系はライザップと同じです。

ただプログラムに違いがあり、ライザップにある筋肉増強の「マッスルゲインプログラム」やシニア向けの「アクティブエイジプログラム」はなくて、「モデルプログラム」「モデルボディメイク」「産後ダイエット」「ブライダル直前ダイエット」といったプログラム設定になっています。

ライザップから男性向けプログラムを外したものと言ったほうが早いかもしれません。

料金の詳細は後ほどご説明します。

 

厳しい糖質制限ではなくなった食事指導の違い

ライザップウーマンの食事指導

ライザップと言えば口コミなどでも「糖質制限が厳しい」ことで有名ですが、ライザップウーマンでは一人一人の状態や目標に合わせて内容を変えています。

減量重視ならやはり糖質制限食(低糖質食)ですが、それほど肥満でもなくボディメイク目的や部分痩せ目的などでは、糖質の吸収が緩やか(低GI)な玄米や全粒粉パンを食べたり(中糖質食)、栄養素のバランスを取りながら普通の白米やパンも食べたりします。(バランス食)

全体的にライザップよりも食事指導が緩やかになりました。

ただし毎日の食事内容を報告するお約束はライザップと変わりません。

 

トレーナーは全員女性だけど採用研修はライザップ

ライザップウーマンのトレーナー

ライザップウーマンのトレーナー、管理栄養士、店舗スタッフは全員女性です。

ただトレーナーの採用選考や社内研修、社内試験などはライザップ全体の基準で、公表採用率3.2%というのも男性トレーナーを含むライザップ全体の数値です。

女性に限って言えば、もっと積極的に採用していると思いますので、採用率も高いかもしれません。

もちろんトレーニングを受けて店舗に出ているプロですので問題はありませんが、トレーナー経験が浅い人も結構いるでしょう。

それよりも女性ならではの安心感や同性として相談できるメリットのほうが大きいと思います。

 

美容マシンは無料と別料金があるので注意

ライザップウーマンのコラーゲンマシン

ライザップウーマンには美容マシンがあるというのもよく取り上げられる特長です。

マシンは2種類あって、一つはHapro社のSeecret C200というエステサロンなどにある「コラーゲンマシン」

ピンクの可視光線が真皮層の繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成をうながすマシンです。

ただし「コラーゲンマシン」は別料金で、専用美容液付き1回20分3,000円で予約が必要。

何度も利用するとそれなりの出費になります。

 

もう一つの「セラミックドーム」デトックスが目的で、無料で利用できます。

こちらは当然希望者も多いので、トレーニング予約時間の前後に合わせて予約できるかがポイント。

 

ボディラインをチェックする3Dボディグラフィカ

3Dボディグラフィカ

体組成計を使って様々な基礎データをチェックするのはライザップでも行っていますが、ライザップウーマンでは「3Dボディグラフィカ」という機器を導入したことも大きな特長です。

「3Dボディグラフィカ」は360度撮影する特殊なカメラで、肉付き具合やボディラインを丸裸にして見せてくれたり、理想のボディをシュミレーションしたりする機器。

無料カウンセリングでも体験できます。

体型補整下着の「ボディメイクランジェリー」を販売しているマルコの店舗にあるマシンと同じもので、これで自分の体型を見せられると「何とかしなきゃいけない。頑張ろう」っていう気になりますね。

RIZAP WOMAN公式・無料カウンセリング予約はこちら

 

ライザップウーマンの料金詳細

ライザップウーマンの料金体系はライザップと同じですが、一通り掲載します。

入会金は一人50,000円で、ペアプログラムで入会する場合も一人ずつ。
ライザップ入会経験者は免除になるでしょう。

【女性特化型】美ボディメイクコースのコース料金

1回のトレーニング時間が50分のコース。

このコースには「モデルプログラム」「モデルボディメイク」「産後ダイエット」「ブライダル直前ダイエット」といったプログラムがあります。

回数期間(週2回)金額(税別)入会金合計
16回2ヶ月298,000円348,000円
24回3ヶ月432,000円482,000円
32回4ヶ月560,000円610,000円

ペアシェイプアッププログラム(50分コース)

二人で一緒にトレーニングを受け、トレーナーは一人です。
一人のコースより2ヶ月で一人10万円近く安くなります。

回数期間(週2回)金額(税別)2名の入会金合計
16回2ヶ月398,000円498,000円
24回3ヶ月576,000円676,000円
32回4ヶ月748,800円848,800円

80分以上のコース料金は、ライザップの料金記事を参考にしてください。

ライザップにかかる料金のすべて

リバウンド保険は「ボディマネジメントプログラム」契約必須

「ボディマネジメントプログラム(BMP)」各コース終了後に月2回のセッションと月1回のカウンセリングを継続して行うオプションプログラムでライザップと同じものです。

一人でトレーニングする「マルチマシントレーニングルーム」も継続利用できます。

料金は月額29,800円(税別)。入会金の追加はありません。

「リバウンド保険」が付いており、適用されると1回50分×16回(90日以内)のセッションが無償で受けられます。つまり無償でやり直しとなります。

適用基準は元のコース期間中での減量幅によって異なります。

  • 減量幅10kg以上→体重が減量幅の50%戻ったら適用。
  • 減量幅10kg未満5kg以上→体重が入会時以上に戻ったら適用。
  • 減量幅5kg未満→体重と体脂肪率がともに入会時以上に戻ったら適用。

※意図的なリバウンドと見なされる行為では適用されません。

この基準よく見ると、9kg減量して8kgリバウンドしてもまだ適用されないんですね。
10kg減量して5kgリバウンドなら適用ですが、突っ込みどころです。

 

支払い方法と全額返金補償制度

一括支払いは銀行振込み(前払い)、またはデビットカード(クレジットカードデビットを除く(例:VISAデビット・JCBデビット))のみ。

クレジットカードには対応していません。

分割払い可能。別途金利手数料がかかります。

 

■30日間全額返金保証制度

    最高水準の結果をお約束すべく、プログラム開始から30日間は いかなる理由でも、ご納得いただけないときは、全額を返金いたします。

返金保証についてはいろいろと制約があるパーソナルジムが多いですが、今のライザップは大変いさぎよいと思います。

RIZAP WOMAN公式・無料カウンセリング予約はこちら

 

設備はさすがにゴージャス

ライザップウーマン新宿店

ライザップウーマンの設備はライザップ同様にゴージャスで、色調がホワイトで明るくなった感じです。

トレーニングルームはもちろん完全個室です。

シャワー・ロッカールーム、パウダールームも立派ですが個室ではありません。

ブランドアメニティ類はとても充実しています。

一人でトレーニングする「マルチマシントレーニングルーム」も予約すれば利用可能。

美容マシンはご説明した通りです。

当初はOKだったトレーニング時のお子さん同伴は廃止になりましたのでご注意ください。

トレーニングウェア、タオル類は無料貸出、ミネラルウォーターも無料です。

プロテインやサプリメントは購入を勧められるかもしれませんが、ライザップオリジナルは高価なのでじっくり検討してください。
他で購入したものを使ってもかまいませんので。

 

他の女性専用パーソナルジムと比較すると

まずライザップ同様にライザップウーマンの料金はお高いです。
他のパーソナルジムの平均的な2ヶ月コースと比較すると10万円くらい高くなりますし、コース終了後に無償セッションを付けているところと比較すると、もっと差が出ます。

トレーニングや食事指導に大きな違いがあるかというと、そうでもありません。
体幹トレーニングは多くの女性専用パーソナルジムで取り入れていますし、栄養バランスを考えた食事指導も独自のものではありません。
しかし美容マシンを導入するなど、お肌から内面までサポートするパーソナルジムは他にないと思います。

トレーナーはライザップとの違いでお話ししたように、社内研修や社内試験を受けたプロですが、経験豊富なトレーナーが揃っているわけではありません。
美容面や女性特有の悩みも相談しながらトレーニングできるところが強みでしょう。

一番大きな違いはやはり設備の充実さで、VIPな気分で集中してトレーニングできるし、すべてが自分を特別な人に思わせてくれるブランドではないかと思います。

そんなことはどうでもよくて低料金を優先するなら、プログラムが類似していてトレーナーも全員女性という「リボーンマイセルフ(旧シェイプス)」か、男性トレーナーが多いけど内容や設備が充実している女性専用パーソナルジムの「クレビック」などがおすすめです。

 

店舗と運営会社情報

2018年5月に女性専用のライザップとして誕生したRIZAP WOMAN(ライザップウーマン)は、新宿・銀座・上野の3店舗を展開中です。(2018年12月現在)

店舗名 住所 最寄駅
新宿店 東京都新宿区歌舞伎町1-1-17
エキニア新宿ビル5F
新宿駅東口 徒歩5分
東京メトロ 新宿三丁目駅 徒歩3分
銀座店 東京都中央区銀座6丁目13-16
ヒューリック銀座ウォールビル2F
有楽町駅 徒歩10分
東銀座駅 徒歩5分
上野店 東京都台東区上野4-9-6
ナガフジビル3階
上野駅 徒歩5分

営業時間:7:00~23:00

■運営会社

社名 :RIZAP株式会社
所在地 :東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F

親会社は「RIZAPグループ株式会社」で、いろんな会社を買収して多角化しており赤字も取りざたされていますが、パーソナルジム事業は健全のようです。

 

まとめ

元々ライザップにある女性向けの部分を取り出して、トレーナーも全員女性にし、更に特化したオプションを付けたような印象です。

料金はライザップ同様にお高いですが、無料カウンセリングからプログラム内容、設備までトップクラスであることは間違いないです。

ライザップに行きたかったけど男性トレーナーがどうしても苦手だったという人にはうってつけ。

ただしボディメイクに強みを発揮するプログラムですので、かなりの肥満でとにかく減量したい、ビシビシ指導されたほうができそうな気がするという人は、ライザップのほうが良さそうです。

無料カウンセリングでの「3Dボディグラフィカ」は一度体験してみる価値ありですよ。

RIZAP WOMAN公式・無料カウンセリング予約はこちら