ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6はビタミンB群ではやや地味なイメージがある成分ですが、たんぱく質の合成に関わる非常に重要な役割を担っています。
体内でたんぱく質の合成が行われる際にはアミノ酸が不可欠です。しかしそれが足りない時にビタミンB6がアミノ酸に代わって合成を担うようになります。
さらに、神経細胞の働きを抑える作用も持っています。これは興奮した時に活発化する神経細胞を抑えることで精神状態の落ち着きをもたらしてくれる効果です。

そのためビタミンB6が不足してしまうと新陳代謝がスムーズに行かなくなり、口内炎や肌荒れ、免疫力の低下といった症状が見られるようになるほか、神経過敏の原因、さらにうつ病を悪化させるリスクもあると言われています。
他にも脂肪の代謝が滞ることで脂肪肝の問題を抱えやすくなります。

このビタミンB6を含んでいる食材も多々あります。
レバーやマグロ、大豆、にんにく、海苔、さんま、鶏肉、アボカド、ローヤルゼリー、マンゴー、バナナ、卵黄などです。

サプリメントで摂取することも可能です。
近年ではビタミンB6を配合したサプリメントも増えており、手軽に摂取できます。
代表的なところではファンケルのファンケルα錠、アサヒフードヘルスケアのコラーゲンBB、大塚製薬のBコンプレックス、ビタミンB6などが挙げられます。
他の成分がメインになっているサプリメントでも摂取できるのでその点も意識して選ぶとよいでしょう。

とくに妊婦がビタミンB6不足に陥りやすいと言われています。
妊娠中の健康対策の一環として摂取を心がけるとよいのではないでしょうか。
        

SponsoredLink

ビタミンB6関連ページ

ビタミンA
ビタミンAの役割、欠乏症、含まれる食品などをまとめています。
ビタミンB
ビタミンBはさまざまな種類が存在することで有名です。それらを総称してビタミンB群と呼んでいます。野菜不足などの影響で現代人は不足気味になりやすい状況となっています。
ビタミンB1
ビタミンB1は体のエネルギーを作るために欠かせない成分です。摂取した糖分が分解されることでエネルギーが生まれるのですが、その分解を担う酵素の働きを助ける作用を持っています。
ビタミンB2
ビタミンB2は体の再生能力に大きく関わってくるビタミンです。人間は細胞の新陳代謝によって健康が維持されています。ビタミンB2はそんな細胞の生成に大きく作用するのです。
ビタミンB12
ビタミンB12は赤血球の生成と密接に関わりのあるビタミンです。赤血球は体の健康、とくに正常な血液を維持するために欠かせないものだけにこのビタミンB12は重要な存在です。
ビタミンC
ビタミンCといえば若返りのビタミン、美肌に欠かせないビタミンとしてすっかり有名になりました。一方、摂取するのが難しいビタミンとしても有名です。最大のポイントは体内で生成できないこと。
葉酸
葉酸はビタミンB群に含まれる成分です。この名称はほうれん草からはじめて抽出されたことに由来しています。
亜鉛(セックスミネラル)
亜鉛は別名「セックスミネラル」とも呼ばれます。その名の通り、男性の精力維持・増強に大きな影響を及ぼします。
カルシウム
骨を作る成分として有名なのがカルシウム。成長期に特に摂取が求められる成分としても有名です。また、体内で合成されないため、外からの摂取に頼らなければならない点も重要なポイントとして挙げられます。
鉄分
鉄分は貧血予防に欠かせない成分としてとくに有名です。体内の鉄分はその半分以上がヘモグロビンの成分となります。
カリウム
カリウムはミネラルの一種。細胞の働きを正常化させたり、血圧をコントロールする役割を担っています。とくにナトリウムとの関係が重要で、そのバランスが崩れることで体の問題が発生することがあります。
マグネシウム
ミネラルの一種、マグネシウムはカルシウムと密接な関わりがあることでも有名です。このマグネシウムは心臓病や高血圧を予防する効果があるだけでなく、神経の働きを調節する働きも持っています。
アルギン酸
アルギン酸は海藻類に多く含まれている成分です。昆布やわかめなどに見られる独特のヌメヌメした感触をもたらす成分でもあります。
タウリン
タウリンはアミノ酸の一種です。たんぱく質の合成に欠かせない成分として注目を集めているアミノ酸。その中でもタウリンは体の健康状態を正常な状態に維持・改善する働きを持っています。
グルコサミン
現在高齢者の間でとくに高い注目を集めているのがグルコサミンです。グルコサミンは軟骨の生成・修復を促すことで関節痛を軽減してくれる効果があります。
クエン酸
クエン酸は体内のエネルギー生成に欠かせない役割を果たします。とくに疲労回復に直接的な役割を果たしていることで知られています。
プロテイン
プロテインとはたんぱく質のことです。タンパク質といえば骨や筋肉を作るのに欠かせない成分、そしてエネルギーを生成する上でも決定的な役割を果たしています。
BCAA
BCAAといわれても聞きなじみがない人も多いかもしれません。これはアミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の成分の総称のことです。
クレアチン
クレアチンはたんぱく質の一種です。とくに筋肉トレーニングをはじめとする運動を行っている人の間で注目を集めている成分でもあります。アルギニン、メチオニン、グリシンという3種類のアミノ酸によって体内で合成されています。
グルタミン
グルタミン酸はアミノ酸の一種です。アミノ酸といえばエネルギーの生成に関わる重要な成分としても有名です。
カテキン
カテキンは抗酸化作用で広く知られるようになった成分です。緑茶に多く含まれており、女性が美容のために活用する機会が増えています。
オルニチン
オルニチンはアミノ酸の一種でより詳しくは遊離アミノ酸と言います。もともと体内に存在している成分で、一般的に知られているたんぱく質を作るアミノ酸の役割とはやや異なる作用を備えています。
セロトニン
セロトニンは神経に関わる成分として近年とくに注目を集めるようになっています。現代社会はストレスなどの影響で心の病を抱えやすくなっているといいます。セロトニンはそんな精神面の安定をもたらしてくれる成分なのです。
マカはサプリメントで摂取
マカは特定の植物から抽出されるものですから、食材で摂取することはできません。マカに含まれているのと同じだけの栄養分を食事で摂取しようとしても大変な量と努力が必要となるでしょう。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)