イソフラボン過剰摂取注意に対して

イソフラボン過剰摂取注意に対して

食品安全委員会の専門調査会の、「大豆イソフラボンの過剰摂取に注意を促す報告書案」に対して意見します。

2006年1月31日、食品安全委員会の専門調査会は、大豆イソフラボンの安全な摂取量の上限を1日70〜75ミリグラムとした上で、ホルモンのバランスを崩す恐れがあるとして、通常の食生活に加え特定保健用食品などで1日に追加的にとる安全な上限量を30ミリグラムとした
特に、妊婦や乳幼児に対しては「追加摂取は推奨できない」としている。
(Asahi.com2/1全文)

 

 そもそも、大豆イソフラボンを通常の食事だけで1日あたり75mgも摂取している人はまれでしょう。
毎日、味噌汁1杯、豆腐半丁、納豆1パックを食べ続けるくらいの量になります。
 大豆イソフラボンの、健康維持のために必要な摂取量は、普通の成人女性で40mg程度と言われていますが、欧米の食文化が入り混じった現代の食生活では、40mgも難しいのが現状で、それを補充する為にサプリメントが愛用されています
ですから、サプリメントの1日あたり大豆イソフラボン含有量は、大体30〜50mgの範囲になっています。

 

今回の専門調査会の報告書案では、単純にサプリメントでの摂取上限を30mgとしたように誤解をまねく表現になっています。

 

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンそのものではありませんので、よほどの過剰摂取をしない限り、副作用や、ホルモンバランスを崩すようなことは無いものと考えられています。
妊婦や胎児、乳幼児に対しては、医師に相談して注意するぐらいの配慮でよいのではないでしょうか。

 

 財団法人日本健康・栄養食品協会も1月12日に、調査会が根拠としたデータへの疑問があるとして「適正なサプリメントの活用を阻害し、好ましくない影響を与える可能性がある」との意見書を食品安全委員会に出しています。


        

SponsoredLink

イソフラボン過剰摂取注意に対して関連ページ

体内酵素の働きと食物酵素の摂り方
私達は酵素が無くなれば生きていけません。しかも一生の間に作り出せる酵素の量も決まっているのです。どうすれば酵素を無駄使いせずに健康でいられるのでしょうか。
コエンザイムQ10即効完全理解
すごく分かりやすいコエンザイムQ10解説!!これで完璧。
CoQ10誇大広告問題
公正取引委員会が健康食品販売会社のネイチャーラボに対して景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあると警告した、コエンザイムQ10含有量偽装についてです。
大豆イソフラボン即効完全理解
超分かりやすい「大豆イソフラボン」!(保存版)
ルテイン(Lutein)飲んでいます!
強度近視で、飛蚊症で、緑内障疑いというボロボロの眼なので、眼に良いサプリメントを飲むことにしました。効果はいかに!
二日酔いにはクルクミン
ハウス食品さんの「ウコンの力」、忘年会シーズンでエキスドリンクが売れているようですが、もっとお値打ちを見つけちゃいました!
サジー(沙棘)の効果を徹底解明!
2005年11月、名古屋の潟Aサヒ産業に対して、「鈴蘭沙棘(すずらんさじー)」での虚偽・誇大広告で、3ヶ月の業務停止命令が下されました。 サジー(沙棘)の名誉のためにサジー(沙棘)の真実を知ろう!
カムカム(CamuCamu)
新どっちの料理ショー」の正月スペシャルで放映された食材が、大ヒットしています。 今日はその2、カムカム(CamuCamu)です。
ガジュツの効能・効果
ダイエットとして注目された、ガジュツ(紫ウコン)の主成分である「シネオール」。 ガジュツの効能・効果についてご説明します。
中村堂ゼラチンパウダー
最も体内に吸収されやすい、世界最高品質のコラーゲン、「変性コラーゲン」と言われるその秘密は?

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)