水虫その3 紫外線治療(殺菌)で治す!

水虫その3 紫外線治療(殺菌)で治す!


■水虫シリーズの3回目は紫外線殺菌治療の解説です。


角化型(角質増殖型)の水虫など、広範囲に拡がった水虫は、
薬を塗り残した部分が出来たりして、
なかなか完治するのが難しいものなんです。


また狭い範囲でも、ちょっと治りかけてくると、毎日欠かさず薬を塗るのを、
ついつい面倒くさくてサボってしまって、
また菌が復活することもよくあることですね。



そんな方にお奨めなのが、1日1分で効果抜群の、紫外線を使った治療です!


紫外線と聞くと、肌に害のある悪いイメージが強いですが、昔から殺菌に使われてきたんですよ。

理髪店とかサウナで見かける、ブラシを入れる消毒器あるでしょ、
あれも実は紫外線ランプを使っているって知ってました?



ここでちょっと紫外線についての科学的な知識を整理しましょう。

面倒くさい人は読み飛ばしてね。


太陽からは広範囲にわたる電磁波が放射されていて、紫外線はその電磁波の一種です。

最近よく聞くUVというのは、UltraVioletの略ですネ。


波の山から山、または谷から谷を「波長」と呼びますが、
その波長の範囲によって次のように分かれます。


紫外線(100〜380nm) 、可視域(380〜780nm)、赤外線(780nm〜1mm)

※nm(ナノメーター)=10億分の1メーター


更に紫外線は次の3つの区分に分かれます。

UV-C 100〜280nm 、UV-B 280〜315nm、UV-A 315〜380nm


ついでに赤外線の方はと言うと、次の3つの区分に分かれます。


IR-A 780〜1400nm、IR-B 1.4〜3μm、IR-C 3μm〜1mm

※μm(マイクロメーター)=100万分の1メーター


ちょっとこんがらがってきました?
眼に見えない光線で、波長が短い方が紫外線なんですよ。


私達が太陽光線から浴びている紫外線の90〜95%はUV-Aです。

皮膚へ悪影響を与えるのは、わずかに地表に達するUV-Bで、UV-Aの1000倍も有害です。

UV-Cはもっと危険ですが、オゾン層が吸収するのでほとんど地表まで届きません。

だからオゾン層が破壊されると大変なんです!

みんな皮膚ガンになって死しんじゃいますよ!


さて、紫外線による殺菌に話を戻しましょう。


細菌はその細胞の中に核を持っていて、
遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)がその中に存在しています。

このDNAの光の吸収スペクトルは、260nm波長付近に吸収帯を持っています。

そして、紫外線の菌類への殺菌効果の波長特性が、
実はこのDNAの吸収スペクトルと非常によく似ているのです。
つまりどういうことかというと、


適切な波長で適切な強度の紫外線を細菌に照射すれば、
細菌細胞内のDNAに作用して光化学反応をひき起こし、
細菌のDNAの遺伝コードを破壊することによって
細菌を不活性化させます。

正しいDNAコードがなくては細菌は増殖することができなくなりますので、
死滅してしまうのです。


照射強度 30mW/cm2、波長254nmで行った殺菌実験では、
赤痢菌が0.15秒で死滅しています。

ちなみに、大腸菌 0.36秒、ブドウ球菌 1.3秒、結核菌 0.4秒、
インフルエンザ 0.3秒、ポリオウイルス 0.8秒、B型肝炎ウイルス 0.8秒といった結果です。
どんな菌にも効果があります。


水虫の原因も、白癬菌というカビの一種である菌でしたね。

殺菌効果の高い260nm付近の紫外線を照射すれば、
水虫も破壊されます。


1日1分程度で、患部に照射するだけならば、
人体に影響することも無く治療ができます。

残留物がないので、日焼けやシミの心配がいらないのです。

ただし念のために眼への影響を考えてUVカットサングラスをかけておきましょう。


紫外線は電力をほとんど消費しませんので、電気代もほとんどかかりません。


紫外線殺菌は、実は塗り薬よりもお手軽に完治できる、
水虫治療の秘密兵器なのです!!



        

SponsoredLink

水虫その3 紫外線治療(殺菌)で治す!関連ページ

水虫その1 水虫を徹底解剖しよう!
水虫の正体・原因・種類と、水虫に似た病気まで徹底分析します!
水虫その2 水虫治療完全攻略!
水虫の正しい治療法、水虫薬の種類・タイプと使用法、とっておきの合わせ技と予防法まで!
水虫を1日で根絶する方法があります
前回、水虫の記事を書いてから1年以上経つんですが、 実は今年、私は、市販の水虫治療薬ではなく、紫外線治療でもなく、 ある方法で、きれいさっぱり長年の水虫とオサラバすることが出来ました。 治療の時間はたったの1日、というか、自宅で6時間です。 外出は出来ませんが、歩き回ったり、トイレに行くことなんかは出来ます。 この集中治療だけで、あとはほったらかし。 約3週間で、足の裏全体に広がっていた水虫が、 きれいさっぱりなくなりました。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)