いびきの外科手術

いびきの外科手術

生活習慣を改善しただけではなかなか改善されないようないびきの治療、あるいは睡眠時無呼吸症候群(SAS)や、のどちんこなどの肥大によって上気道が生まれつき狭いなどの場合には、「手術」という方法があります。

 

外科手術の目的は、「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の原因となっている粘膜の削除や咽頭部を拡大するような手術をして呼吸をしやすくする所にあります。

 

場合によっては気管切開が必要な場合もあります。

 

手術というと何となく「痛い」とか「怖い」とか思われる方も多いと思いますが、
最近は「レーザー(レーザー手術)」を使用する病院が多くなりましたので、
痛みや出血も少なく、手術時間も短くて傷跡も残りにくいです。
勇気を出して相談してみると、なんでもなかったりします。

【咽頭を広くする手術法】

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の手術法として最も一般的な方法が、この「咽頭を広くする手術」です。
この手術は、気道を狭くしている原因になっている場所である、扁桃や口蓋垂(のどちんこ)などの粘膜部位を切除することによって咽頭を広くし、空気が通りやすいようにする手術です。

 

■UPPP
口蓋、軟口蓋を外科的に切除し、粘膜(口腔、鼻腔の両方)を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態を作り上げます。
この手法は睡眠時無呼吸症候群に有効です。

 

■LAUP
UPPPより切除する範囲は狭く、レーザーで焼きます。
いびきを治療するときによく使用する手術法です。

 

UPPPとLAUPの両方とも、気道を狭く閉塞させないように、喉の形を変える手術です。
手術という外科的治療で喉の咽頭部分を拡大するので呼吸もしやすくなります。
呼吸がしやすくなると体内の酸素取得量も増加することになりますので、心臓にかける負担が減り、高血圧などの合併症を引き起こす危険性も減ります。

 

【その他の手術法】

 

「咽頭を広くする手術」の他には、気管切開や下あごを前に出すという手術もあります。
これらの手術は健康保険の適用範囲内です。
しかし病院によっては適用対象外の場合もありますので、手術前に保険が適用されるかどうか確認してから受けられる事をおすすめします。

 

どちらにしても専門医とよく相談して、費用や、痛み、時間など、不安なことは全部事前に確認しておきましょう。

 

外科手術は、専門医の判断を受けて治療するようにしてください。

        

SponsoredLink

いびきの外科手術関連ページ

いびきの原因
いびきは、上気道が狭くなって起こる粘膜の振動音ですが、その原因には色々なものがあります。 人によっては原因が一つではなく複数が重なって引き起こしているものも多いみたいです。
いびきはなぜ起こるのか
いびきはなぜ起こるのか、ご存知ですか? いびきは、呼吸によって、のど(咽頭)や鼻(鼻腔)(上気道と言います)に空気が通るとき、その中にある粘膜が振動して起こる音です。
いびきの種類は
いびきは、大きく分けると3種類の症状に分けられます。 3種類とは、「単純いびき症」「上気道抵抗症候群」「睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」の3つを指します。
持続性と周期性
いびきによって起こる睡眠呼吸障害には、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害と、呼吸中枢の中枢性障害、そしてこの二つが一緒になった混合性障害という障害に分類されます。
いびきによる弊害の例
いびきはかくことによって様々な弊害が生じる事があります。 たかが「いびき」と言えども、場合によっては重大な病気に繋がる事もありえるのでばかにしてはいけません。
いびきによって分かる身体の異常
いびきに内科的な要因が潜んでいる場合は注意が必要です。 慢性的な酸欠状態を引き起こしていて、 内科的な原因が潜んでいる可能性があります。 身体の異常を警告してくれているのかもしれません。
いびきと顎の関係
いびきの原因の一つに、顎が小さいというのがあります。 顎が小さい、小顔がいいなど、スタイル的にはいいとされていますが、顎が小さいと「いびき」をかきやすくなることがあるのです。
いびきに効果的なツボ
いびきは、口呼吸と鼻呼吸を同時に行っているときに起こりやすいものです。 睡眠中は口蓋の筋肉が緩んでしまうために下顎が下がってしまいますので、空気の通り道が狭くなります。
いびきの病院治療全般
これからいびきの治療法についてお話しますが、 いびきというのは元来自覚症状が無くて、本人以外の方から指摘されないと分かりませんので、なかなか病気として認識されることがありません。 そのために、診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合も多々あるのです。
いびき防止グッズ
いびきをかく原因には、鼻呼吸をしないで口呼吸をすることが多いですから、口呼吸を改善するグッズも効果があります。
いびきのレーザー治療
「いびき」の手術として行われる、「レーザー治療」をもう少し詳しくご説明します。 このレーザー治療は口蓋垂(のどちんこ)の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ広げていくという治療です。
鼻マスクによるいびき治療
鼻マスクとは、CPAP(持続陽圧呼吸療法)と言って、いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療に有効な方法の一つです。
睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群とは、呼吸をするときの空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が止まってしまい、その状態が長く続く事を言います。 通常のいびきというのは、空気の通り道である上気道が狭くなることで、空気が通る振動音を出す事で起きています。
マウスピースで口呼吸を治す
マウスピースは、歯科器具装置、あるいは歯科装具と言われるものになりますが、いびきの防止・対策としても、マウスピースが有効ですのでご紹介します。
いびきと口呼吸について
いびきを防止、対策する方法として、【口呼吸を治す】というのがあります。 口呼吸というのは、いびきの大きな原因の一つです。口呼吸を治し、鼻呼吸にするということがいびきを治す大切な事です。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)