バチバチ静電気を防止する、冬の対策です!

バチバチ静電気を防止する、冬の対策です!

あなたは指先からバチバチッ、セーター脱ぐ時バチバチッとか多い方ですか?
これからバッチリ対策で解消しましょう!


【静電気の正体】



まず静電気がなぜ起こるのか簡単にご説明しますので、軽く理解しておきましょうね。


私たちの体にも、プラス電気とマイナス電気があって、同じ量で安定していれば、
静電気が発生することはありません。

ところがこのバランスが崩れてしまうと、危険な状態になります。


具体的にはマイナス電気の方がはがれてしまい、プラス電気が残った状態で、
「帯電状態」と言います。

そうすると、指先が電気を通しやすい金属に近づいた瞬間に、体の中のプラス電気が、
金属に残っているマイナス電気と結合しようとして、空気中を伝わって
バチバチバチッと流れ出して行くのです。これが「放電」です。

いわば、「プチ・カミナリ」ですね。これが静電気の正体なんです。


静電気が冬の時期に多くなってくる理由は、湿度と気温に関係しています。

だいたい湿度が20%以下で気温も20度以下になってくると、空気中に
電気が流れやすくなってきます。


【静電気の原因】



では体からマイナス電気がはがれてしまう原因は何だと思いますか?

単純に衣類などの摩擦でもはがれますよ。
下敷きで頭をこすると放電して髪の毛が逆立ちます。あれと同じですね。
でももっと大事な原因は、血液など体内の酸性化なんです。


私たちの中にも静電気が起こりやすい人と起こりにくい人がいますよね。
起こりにくい人というのは、プラス電気が帯電しても、バチバチ来る前に
うまく自然放電しているのです。
これがうまく出来ない人は体内が酸性化しています。


健康診断に行って血液検査をすると、ph値というのが分かるんですが、
それが基準値の7.4くらい以下の人は、ドロドロした酸性です。
そうすると、体内のマイナスイオン(マイナス電気)がどんどん減って行きます。

その結果、慢性的な帯電状態になり、自然放電できない人、つまり
「静電気体質の人」になるのです。

この酸性化の原因は、食生活や日ごろの不摂生にありますから、結構根が深いですよ。


【静電気の対策】



それではお待たせしました、冬の静電気対策です。

★今までの説明でお分かりのように乾燥は敵ですので、加湿器や霧吹きなどで
適度に加湿しましょう。


衣類の組み合わせは注意して、ダメなのは、ポリエステルとウール、
アクリルとナイロンなど。
比較的静電気が起こりにくいのは、ナイロンとウール、綿とウールなどで、
やっぱり化学合成繊維よりは天然繊維の方が、保湿性に優れていて良いです。
スカートの裏地やインナーには、導電性繊維が使われたものを選ぶと良いです。

★ゴム底の靴は電気を通さず帯電します。水で濡らすと放電します。

★自然放電のお助けグッズとして、静電気防止ブレスがお薦めです。


★最後に、酸性体質を弱アルカリ性へもどすために、アルカリイオン水をお奨めします。

忘年会・新年会でお酒を飲むと、特に体が酸化します。水割りや鍋の水に使っても
効果がありますよ。

        

SponsoredLink

バチバチ静電気を防止する、冬の対策です!関連ページ

デトックス即効完全理解
【01】デトックスをすっきり理解! 【02】デトックスでダイエット 【03】自宅ですぐ出来るデトックス
ゲルマニウム温浴効果
ゲルマニウムの基本的な説明や、体に良い理由を分かりやすく解説しています。
鳥インフルエンザ情報リンク
公的機関の鳥インフルエンザ情報リンクです。これだけで最新の正確な情報が分かります。ざっと目を通して見て大事なことは、あまりパニックにならずに落ち着いて対処するってことですね。
骨盤のゆがみの原因と対策、矯正方法!
あなたは体の左右で違うことに気づくことはありませんか?骨盤がゆがむとどうなるか。 骨盤がゆがむというのは、この・・・・・・・
アナフィラキシーショックとは
「アナフィラキシー」というのは、急性アレルギー反応のひとつです。ショック症状を引き起こして生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうこともあります。このような状態のことを、「アナフィラキシーショック」と呼びます。
花粉症対策
花粉症は、1度発症すると例年症状が出る方が多いようですし、しっかり情報をチェックして、対策をとっておくことをおすすめします。
花粉症の診療指針
専門医による作成委員会が作成する「花粉症の診療指針」の、2006年改訂版が発表されました。 今回の指針では、花粉症の重症度に応じた治療薬の使い方の目安が初めて示されています。
3/7は花粉症記念日だそうで・・・
何だか今日は「花粉症記念日」というキーワードで検索エンジンからヒットしていると思ったら、ほんとに3/7は花粉症記念日だった。
葉緑素(クロロフィル)で小腸デトックスする!
明日3/12のあるある大事典ネタ。ダイエット成分の吸収や脂肪燃焼酵素の働きを妨げる、小腸の有害物質をきれいに排出するすることで、痩せやすい体質になるんです。
メタボリックシンドローム最新情報
あるある大事典でも取り上げられた、 最近話題のキーワード。 メタボリックシンドロームを知らないと怖いですよ!
インフルエンザ・パンデミックとは
パンデミックというのは、感染爆発と言うのが分かりやすいですが、 黒死病、ペスト、鳥インフルエンザなどといった、 世界的な流行病を指す医学用語です。 つまりパンデミックとは、感染爆発、あるいは、汎発流行を表す言葉です。 厳密に言うと、WHOの定義している警告フェーズの"6"をもってパンデミックと呼びます。 ちなみに綴りは pandemic と書きます。
レーシック(LASIK)のすすめ
レーシック(LASIK)は、たった15分の安全な手術で、死ぬまで視力が継続する、 メガネやコンタクトレンズよりも生涯費用が安い、視力回復方法です。
鼻水鼻づまりでの経験
花粉症や鼻炎で悩んでいる人は、多いと思います。 私は、アレルギー性鼻炎で、病院で調べてもらったら、一番ひどいランクでした。 花粉症や鼻炎の嫌なところは、なんといっても、鼻水や鼻づまりですよね。
健康維持にお勧めの水素水
水素水は、今注目を集めている健康や美容に良いお水といわれています。 その効果としては、アンチエイジング(若返り)が有名ですが、その他にも病気の予防や、治療にも効くと言われています。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)