花粉症の診療指針

花粉症の診療指針

 専門医による作成委員会が作成する「花粉症の診療指針」の、2006年改訂版が発表されました。

今回の指針では、花粉症の重症度に応じた治療薬の使い方の目安が初めて示されています。


 くしゃみや鼻をかむ回数が1日5回程度までの軽症から、20回を超える最重症まで、基本になるのが「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれる薬です。

 ヒスタミンは、花粉などの抗原にアレルギー反応を起こした時、細胞から放出される物質で、神経を刺激するなどの作用があり、これがくしゃみや鼻水を引き起こす。この物質の放出を抑えるのが抗ヒスタミン薬です。


「第2世代抗ヒスタミン薬」の特徴は、中枢作用である眠気の副作用がないことや、作用時間を長くして、服用回数を1日1〜2回にしたことなどで、具体的には、ロラタジン、塩酸フェキソフェナジン、塩酸セチリジン(いずれも成分名)など。

また、クロモグリク酸ナトリウムやトラニラストといった、「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」と言われる種類も第2世代抗ヒスタミン薬です。


ただし1日あたりの薬剤費はかなり高めになりますのでご留意を。


ちなみに第1世代抗ヒスタミン薬は、マレイン酸クロルフェニラミンやフマル酸クレマスチンなどで、市販の点鼻薬の多くにも入っています。

お安いので眠気の副作用があまり来ない人はこちらでも良いかも。


 また指針では、くしゃみ、鼻水が多いか、鼻づまりに悩んでいるかのタイプによって薬を選択するよう勧めています。

抗ヒスタミン薬は、くしゃみ、鼻水に効果が大きく、一方、鼻づまりには、鼻粘膜の腫れを軽くする抗ロイコトリエン薬が中心になっています。


 根本治療として期待されるのが、花粉エキスを注射し、アレルギー反応を起こしにくくする減感作(げんかんさ)療法と言われる治療法。

これは以前ご紹介したパピラのメカニズムと同じです。

早期治療に適しているので、早めに試してみてはいかが?

(YOMIURI ONLINE 参照)


        

SponsoredLink

花粉症の診療指針関連ページ

デトックス即効完全理解
【01】デトックスをすっきり理解! 【02】デトックスでダイエット 【03】自宅ですぐ出来るデトックス
ゲルマニウム温浴効果
ゲルマニウムの基本的な説明や、体に良い理由を分かりやすく解説しています。
鳥インフルエンザ情報リンク
公的機関の鳥インフルエンザ情報リンクです。これだけで最新の正確な情報が分かります。ざっと目を通して見て大事なことは、あまりパニックにならずに落ち着いて対処するってことですね。
バチバチ静電気を防止する、冬の対策です!
あなたは指先からバチバチッ、セーター脱ぐ時バチバチッとか多い方ですか? これからバッチリ静電気対策で解消しましょう!
骨盤のゆがみの原因と対策、矯正方法!
あなたは体の左右で違うことに気づくことはありませんか?骨盤がゆがむとどうなるか。 骨盤がゆがむというのは、この・・・・・・・
アナフィラキシーショックとは
「アナフィラキシー」というのは、急性アレルギー反応のひとつです。ショック症状を引き起こして生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうこともあります。このような状態のことを、「アナフィラキシーショック」と呼びます。
花粉症対策
花粉症は、1度発症すると例年症状が出る方が多いようですし、しっかり情報をチェックして、対策をとっておくことをおすすめします。
3/7は花粉症記念日だそうで・・・
何だか今日は「花粉症記念日」というキーワードで検索エンジンからヒットしていると思ったら、ほんとに3/7は花粉症記念日だった。
葉緑素(クロロフィル)で小腸デトックスする!
明日3/12のあるある大事典ネタ。ダイエット成分の吸収や脂肪燃焼酵素の働きを妨げる、小腸の有害物質をきれいに排出するすることで、痩せやすい体質になるんです。
メタボリックシンドローム最新情報
あるある大事典でも取り上げられた、 最近話題のキーワード。 メタボリックシンドロームを知らないと怖いですよ!
インフルエンザ・パンデミックとは
パンデミックというのは、感染爆発と言うのが分かりやすいですが、 黒死病、ペスト、鳥インフルエンザなどといった、 世界的な流行病を指す医学用語です。 つまりパンデミックとは、感染爆発、あるいは、汎発流行を表す言葉です。 厳密に言うと、WHOの定義している警告フェーズの"6"をもってパンデミックと呼びます。 ちなみに綴りは pandemic と書きます。
レーシック(LASIK)のすすめ
レーシック(LASIK)は、たった15分の安全な手術で、死ぬまで視力が継続する、 メガネやコンタクトレンズよりも生涯費用が安い、視力回復方法です。
鼻水鼻づまりでの経験
花粉症や鼻炎で悩んでいる人は、多いと思います。 私は、アレルギー性鼻炎で、病院で調べてもらったら、一番ひどいランクでした。 花粉症や鼻炎の嫌なところは、なんといっても、鼻水や鼻づまりですよね。
健康維持にお勧めの水素水
水素水は、今注目を集めている健康や美容に良いお水といわれています。 その効果としては、アンチエイジング(若返り)が有名ですが、その他にも病気の予防や、治療にも効くと言われています。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)