花粉情報2011

花粉情報2011

花粉症の時期である、春のスギ・ヒノキ科花粉飛散時期は、1月末から5月にかけてです。

 

2011年(平成23年)春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について、
環境省が2010年12月24日に発表した情報をまとめておきましょう。

春に飛散するスギ及びヒノキ科花粉は前年夏の気象条件に大きな影響を受けます。

 

1.前年との比較

 

・平成22年の7月・8月ともに平成21年より日照時間が長く、気温が高くなったことにより、平成23年春の花粉の総飛散量は、全国的に昨シーズンより多くなる見込み。

 

・特に東海地方や近畿地方の一部では、非常に少なかった昨シーズンに比べ、10倍以上になる地域があると予測。

 

・関東から北の地方と西日本でも、昨シーズンの2倍から6倍になる地域が多いと予測。

 

 

2.例年との比較(地域別)

 

・東日本では、北陸及び甲信の一部で例年の1.5倍から2倍と多くなり、そのほかの地域も例年の1.1倍から1.5倍になる見込み。

 

・西日本では、近畿地方の一部で例年の2倍以上になり、そのほかも1.1倍から1.3倍程度と多くなる見込み。
ただし中国・四国、九州については、前年7月の日照不足と大雨の影響で、例年並みか例年の5割から8割程度と予測されます。

 

 

また平成23年春のスギ花粉前線予測については、次のように発表されています。

 

・スギの雄花の休眠覚醒はほぼ例年並みですが、スギ花粉の飛散開始日は平成22年春よりやや遅く、例年並みか例年より5日前後遅くなる可能性が高いと見込まれます。

 

・近年の花粉飛散量は多くの地域において増加しており、1980年代には大量飛散とされていた1000個/cm2を超えて、平成23年春も8割以上の地域が2000個/cm2を超える飛散になると予測されます。

 

 このため、一部地域を除き、全国的に花粉症を発症し、しかも重症化する期間が長くなると考えられます。
前シーズン比や例年比での増減に関わらず、予報に基づいた早めの花粉症予防対策等が必要と考えられます。

 

引用: 環境省花粉情報サイト

 

リンク: 花粉症対策マスク

        

SponsoredLink

花粉情報2011関連ページ

花粉症の原因
花粉症の予防や対策を行うに当たっては、まず花粉症の原因やメカニズムについて、正しい知識を持っておくことも大切だと思います。 花粉症とは、簡単に言うと、スギやヒノキの花粉に対して免疫の過剰反応が起き、アレルギー反応を起こしてしまう病気です。
花粉症の症状
花粉症による主な傷病名は、「季節性アレルギー性鼻炎」もしくは「季節性アレルギー性結膜炎」と呼ばれます。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因物質(アレルゲン)となって、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状を起こせば、「季節性アレルギー性鼻炎」。目の充血やかゆみ、涙、目やに、目の痛みや腫れなどの症状を惹き起こせば、「季節性アレルギー性結膜炎」となります。
L-92乳酸菌(花粉症の予防1)
花粉症の根本原因は、体内の免疫バランスの異常です。 ですから花粉症の予防としては免疫バランスの調整が、大変重要になります。 具体的な免疫細胞のバランス改善方法としては、乳酸菌を多く摂取するのが良い方法です。
エキナセア(花粉症の予防2)
エキナセアは、さまざまな微生物に対する、免疫力、抗ウィルス力を活性化させてくれるハーブで、免疫反応が過剰にならないようにするバランス調整能力もあると言われ、花粉症の予防にも有効なハーブなのです。
紅豆杉茶は花粉症にも良い
紅豆杉はその名前に「杉」という字が使われているため、杉の一種と思われがちですが、「スギ(杉)科」ではなく「イチイ(一位)」科の植物です。想像を絶する生命力の強さから、「仙樹」「秘樹」と言われていますが、その秘密は、100種類を超える有効成分を含む、ポリフェノールの豊富さにあるようです。
花粉症対策のための日常生活
花粉症はちょっとした日常生活に気をつけることによっても、発症を抑えたり症状を軽減することが出来ます。特に花粉症の原因となる免疫バランスの異常は、日常生活によっても適度に調整されますので、以下のようなことを意識して生活されると良いでしょう。
花粉症の治療、薬物療法について
花粉症の治療は、やはり今のところ薬物療法が主流です。薬局で市販されているものもありますが、副作用が出るものもありますので、医師や薬剤師に相談されることをお勧めします。特に持病で他の薬を常用している方や、妊婦・授乳婦、乳幼児・小児は注意が必要です。それでは花粉症治療に使われる薬剤の成分についてご説明します。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)