中年太りにはL-カルニチンとCoQ10を一緒に

中年太りにはL-カルニチンとCoQ10を一緒に

【L-カルニチンのダイエット効果】

 

 

体脂肪が溜まると太ります。
体脂肪を効率よく燃焼させてエネルギーに変換すると、太りません。

 

 

ところがお腹の周りや二の腕に溜まったままでは脂肪は燃えないんですよ!

 

 

体についた脂肪は、まず燃えやすい遊離脂肪酸に変化して血液の中に流れ出します。
そして、各細胞内のミトコンドリアへと流れていきます。
ミトコンドリアは、遊離脂肪酸を燃料としてエネルギーを生み出すのです。

 

 

L-カルニチンは、この遊離脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ役割を果たしている、
つまり、L-カルニチンが不足していると、
体についた脂肪を燃やして無くすことができないのです。

 

 

更にもう一つ、いくらL-カルニチンを摂っても、
それだけでは効果はあまり期待できません。

L−カルニチンが脂質を細胞まで運んだ後は、
CoQ10(コエンザイムQ10)によって細胞内でエネルギーに変換します。

 

L-カルニチンだけがたくさんあっても、CoQ10が不足していては、脂肪はうまく燃焼されません。

 

だから両方揃うと、より効率よくエネルギーが消費できて、相乗効果があるのです。

 

 

ダイエットにおけるL-カルニチンは、CoQ10と一緒に摂ってこそ意味があると憶えていてくださいね。

 

 

【L-カルニチンと痴呆症】

 

 

L-カルニチンにダイエット効果があるのが分かってきたのは最近のことで、
始めのうちは痴呆症に良い成分として研究されていたんです。

 

 

L-カルニチンは、体の中でアセチル-カルニチンに変わります。
このアセチル-カルニチンは脳に多く含まれていて、
脳のアセチル-カルニチンが不足すると、脳の細胞は壊れやすくなります。

 

 

人間の脳細胞は、生まれてから日々、減っていく一方。
1日に何万という数が壊れていっています。
お年寄りの脳細胞は、生まれたときの半分ともいわれています。

 

 

アセチル-カルニチンが不足すると、この脳細胞が壊れるスピードが早まる。
それで、痴呆症になりやすくなるのです。

 

 

【L-カルニチンやCoQ10はどうやって摂るの?】

 

 

L−カルニチンはもともと肝臓や腎臓で自然につくられているアミノ酸です。
原料は、メチオニンとリジンです。

 

 

ところが20代をピークに作るスピードが落ちてきて、
40歳を過ぎると激減します。

 

 

だから40を過ぎるとスポーツをがんばってやっても
体脂肪が燃やせずに溜まっていって
中年太りが多くなるんですね。

 

 

自分で作り出せなくなってきたら、外から摂取するしかないんですが、
食品では、赤身の肉に多く含まれています。
最も多く含まれているのは、ラム(子羊肉)やマトン(羊肉)の足の部分で、
マトン(羊肉)のL-カルニチン含有量は、牛肉の約3倍、豚肉の約9倍です。

 

 

中高年の人は、1日100ミリグラムを目安に摂ればいいと言われています。
多く摂りすぎても副作用はありませんから心配ないですね。

 

 

CoQ10も体内で作り出すものですが、やはり加齢とともに作れなくなって、
外部から摂取するしかありません。

 

 

詳しくはこちらの記事へ
コエンザイムQ10即効完全理解

 

 

L-カルニチンもCoQ10も、サプリメントで効率よく摂るのがお奨めです。
それぞれ市販されていますし、ダイエット用として両方配合されている
ものもあります。

 

僕も40過ぎているので、毎朝朝食後にそれぞれ別のサプリを飲んでいます。
それとビタミンB1も一緒に摂ると、更に効果が上がるそうですよ。

 

 

最後に、
家でじっとしていてはだめです。
体を動かさないと脂肪は無くならないのは当たり前ですよね。

 

 

歩くだけの有酸素運動でよいので、L-カルニチンとCoQ10を摂ったら
運動をしましょうね!

        

SponsoredLink

中年太りにはL-カルニチンとCoQ10を一緒に関連ページ

セルライト除去&撃退!
自分のセルライトを確認!セルライトの原因と出来てくる様子!セルライトの予防と対策!!
寒天ダイエット
寒天は、ところてん・こんにゃくと共に、低カロリーなヘルシーフードとして知られていましたが、最近は寒天パワー、寒天ダイエットなどとテレビでも取り上げられて、大注目ですね。 何が良くてそんなに騒がれているのか、整理してみましょう。
コーヒー(クロロゲン酸とカフェイン)でダイエット!
クロロゲン酸には、肝臓での脂肪燃焼を促進する作用があると考えられています。 また、コーヒーに同時に含まれるカフェインの脂肪吸収抑制効果や、脂肪分解促進効果なども、相乗効果になっているようです。
ストレス太りの対処法
単にお腹がすいたから食べるのではなく、現実逃避、精神の安定といった、何かを忘れて心地よくなるために食べる。その結果太ってしまう、・・・
バジルシード(Basil Seed)ダイエット
最近ダイエットサプリメントとして注目のバジルシード(シソの種)のバジルは、タイ原産の、シソ科オシマム属カヌム種を指します。バジルシードを検証!
酢でやせるメカニズム
2005年ブレイクした、「お酢」の総集編です。 まずは酢でやせるメカニズムと、相乗効果を上げる方法をまとめます。
黒酢・香酢・もろみ酢
2005年ブレイクした、「酢」の総集編、2回目です。いろんな「酢」をまとめました。
豆乳ダイエット&美肌もゲット
豆乳の効果、すばらしさを徹底検証!大豆イソフラボン、大豆ペプチド、大豆サポニン、大豆レシチン、美肌効果について・・・
猫草を食するニューヨーカー達
先日、テレビの「あるある大事典U」で、猫草をジュースにして飲むニューヨーカー達が紹介されていました。ウィートグラス(wheatgrass)、つまり小麦の若葉です。
チョコレートダイエット
あるある大事典で取り上げられた、チョコレートダイエットについて、 まとめてみましたよ。カカオポリフェノールだぁ。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)