ホワイトニングの費用と注意点

ホワイトニングの費用と注意点

歯のホワイトニングには興味があるけど、芸能人がやっているくらいだから、きっと高いのだろうと思われるかもしれません。

 

確かに歯のクリーニングと違って保険が利きませんので、多少費用はかかりますが、それはあなた自身が、白い歯に対してどれくらいの価値を感じているかによって、高くもなり安くもなると思います。

一般的な「オフィスホワイトニング」の治療費は、全部で約2〜10万円になります。
数回繰り返して行う場合は、歯1本に付き5,000円〜1万円程度でしょう。

 

「ホームホワイトニング」の場合は、マウスピースを製作する費用を含めて全部で約2〜5万円が相場です。ただし、ホワイトニング剤を自分で購入すると、約5,000円〜1万円で済むでしょう。

 

「デュアルホワイトニング」を行なうと、全部で約5〜10万円かかります。

 

高額な治療費を一度に支払うのは大変という場合は、クレジットカードや、信販会社が扱っている、デンタルローンなどを利用する方法もあります。

 

歯科医院によって、扱っているローンやカードが違いますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

いずれにしても、ホワイトニングが適応かどうかを、事前に確認してから行わないと、強い痛みが起こったり、ホワイトニング効果が十分に得られなかったりすることもあります。

 

せっかく費用をかけて行なうのですから、初めてホワイトニングを行うときには、ホワイトニングの経験豊富な歯科医師の指導の元で行うようにしてください。

        

SponsoredLink

ホワイトニングの費用と注意点関連ページ

歯のホワイトニングについて
歯のホワイトニングは、専用の薬剤などを使って、歯そのものを白色に変化させるのです。 アメリカでは、歯のホワイトニングがもっと一般的で、ハリウッドスターや芸能人に限らず、一般人でも多くの人たちが歯のホワイトニングを行なっています。 日本はまだアメリカほどではないにしても、最近はホワイトニングを行なう歯科も増えましたし、家庭用のホワイトニング関連商品も良く見かけるようになりました。
ホワイトニングが出来ない歯
誰しも白い歯がいいなあと思うものですが、残念ながら歯のホワイトニングは、どんな人、どんな歯でも出来るわけではありません。
2種類のホワイトニングと歯のクリーニング
歯のホワイトニング方法を大別すると、歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」に分かれます。また両方を並行して行なう、「デュアルホワイトニング」と言われる方法を、行なっている歯科医院もあります。 「歯のホワイトニング」と「歯のクリーニング」を混同して治療を受けてしまうことがないように、ついでにここでご説明しておきます。
オフィスホワイトニングの種類(1)
歯科医院でオフィスホワイトニングとして行われている、いくつかの方法をご紹介します。 今回は、最もノーマルな方法で、歯の表面に歯を白くする薬剤を塗って、光を当てる方法を2種類ご紹介します。
オフィスホワイトニングの種類(2)
歯科医院で行う、オフィスホワイトニングの方法について、今回は歯の中にホワイトニング剤を入れる方法と、歯の表面を削ってセラミックの歯を接着する方法を、ご紹介します。
ホームホワイトニング剤(1)
自宅で行なうホームホワイトニングの方法とホームホワイトニング剤について、いくつかご紹介しますので、参考にしてください。 始める際には歯科医の診断を受けて、副作用が出ないように気をつけてください。 基本的に、歯が健全でない人や無カタラーゼ症の人、妊娠中や授乳期の人、歯周炎や歯肉炎を発症している人などは使用出来ません。
ホームホワイトニング剤(2)
前回に引き続いて、ホームホワイトニング剤のご紹介ですが、今回はマウスピースを使用しないタイプのものをご紹介します。
歯のマニキュア効果は?
歯を白くする方法としては、本格的なホワイトニングの他にも、歯のマニキュアをするという方法があります。 ホワイトニングと違って、自分の歯を白くするわけではありませんので、あくまで擬似的な方法であり、持続時間も短くなります。
ホワイトストリップスの輸入品通販について
クレスト社(Crest)のホワイトストリップス(WHITESTRIPS)は、ホームホワイトニングを行なう際、一番手早く安価に出来て、効果も目に見えて表れるということで、アメリカの歯科医院では最も積極的に薦めている方法ですが、日本では、総販売代理店が無く、ネットショップが個々にアメリカから仕入れて販売しているのが、現状のようです。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)