プラセンタの種類(原料)

プラセンタの種類(原料)

プラセンタエキス(抽出物)の原料は胎盤ですが、美容目的で使われるのは、主に豚、馬、羊の胎盤です。
人間の胎盤が使われるのは医療目的でしかありません。
豚プラセンタ(豚由来プラセンタとも言います)は、人間の細胞と組成が近いということで、美容目的では最も多く使われています。
特に「SPF豚プラセンタ」と呼ばれる豚プラセンタは、特定の病気にかかったことがない(病原体を持っていない)健康に飼育された豚を使っていることを証明するもので、安心、安全な豚プラセンタであることを意味しています。

最近では、馬プラセンタ(馬由来プラセンタ)の総アミノ酸含有量が、豚プラセンタの250倍以上とも言われることから、馬プラセンタも多く使われるようになりました。

羊(ひつじ)も元々人間の組成に近いと言われる動物で、ニュージーランドやスイスなどの羊プラセンタ(羊由来プラセンタ)が使われることもあります。

他には、牛プラセンタも以前は使われていましたが、牛海綿状脳症(狂牛病)が問題になってからは使用禁止となり、現在は使われていません。

狂牛病の問題は、他の動物由来プラセンタの不安もあおり、この頃から植物プラセンタ(植物由来プラセンタ)と言われるエキスも登場しました。
もちろん植物に胎盤はありませんので、植物の胚から抽出したエキスのことを言います。
植物の胚にも栄養素が豊富に含まれていて、胎盤と同じような効果が期待できるためです。
ただしプラセンタ特有の成分であるグロスファクター(成長因子)は、植物の胚には含まれていません。
つまり「プラセンタもどき」ということですね。
植物プラセンタの原料になるのは、主にアセロラ、大豆、トウモロコシ、ライ麦といった植物の胚です。
原料の調達が容易ですので、化粧品の成分として使われることがあります。

その他には、海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)と言われるプラセンタもありますが、海洋性プラセンタは、主に鮭の卵巣膜から抽出されたエキスです。
卵巣膜とは、卵の一つ一つを包み込んでいる薄い膜で、胎盤に近い役割を持っているため、やはり豊富な栄養素を含んでいます。
特に海洋性プラセンタに含まれていて、動物由来のプラセンタには含まれていないエラスチンは「弾性線維」とも言われ、肌の中のコラーゲンを支える働きを持っています。
人間の皮膚にもエラスチンがありますが、年齢とともに減っていき、シワの原因になりますので、海洋性プラセンタはスキンケアには適していると言えるでしょう。
        

SponsoredLink

プラセンタの種類(原料)関連ページ

プラセンタとは
プラセンタは、英語の「Placenta」で、「胎盤」を意味します。人間に限らずすべての哺乳類で、メスは妊娠すると胎児を母体とつないで育てるために、子宮の中に「胎盤」を形成します。
プラセンタの成分・グロスファクターと効果
プラセンタには、アミノ酸・タンパク質など、豊富な栄養成分も含まれていますが、医療や美容の分野でこれだけ注目を集めている理由は、プラセンタには「成長因子」(グロスファクター) あるいは 「細胞増殖因子」と呼ばれるものが含まれていることです。
プラセンタの摂取方法(1)注射・点滴
プラセンタの摂取方法にはいろいろありますが、注射と点滴は最も早く効果が表れる方法です。注射や点滴が使われる主な目的は、病気の治療や症状の改善ですので、医療機関で医師の指導のもとで行われます。
プラセンタの摂取方法(2)サプリメント・化粧品
プラセンタを美肌やアンチエイジング、疲労回復や健康のために服用する場合は、サプリメントやドリンク剤(いわゆる飲むプラセンタ)を利用します。病院で処方される内服薬と違い、薬局や通販などでたくさん販売されているものはこの部類に入ります。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)