プラセンタの成分・グロスファクターと効果

プラセンタの成分・グロスファクターと効果

プラセンタには、アミノ酸・タンパク質・糖質・ビタミン・ミネラル・核酸・酵素など、豊富な栄養成分も含まれていますが、医療や美容の分野でこれだけ注目を集めている理由は、プラセンタには「成長因子」(グロスファクター) あるいは 「細胞増殖因子」と呼ばれるものが含まれていることです。
グロスファクターはもともと胎児が子宮の中で成長するために必要なもので、わずかな量でも直接細胞に作用して細胞分裂を促進します。10ヶ月で新生児の大きさまで成長できるのは、このグロスファクターのおかげなのです。
出生後も成人になる頃までは体内に残ったグロスファクターのおかげで成長を続けますが、その後は無くなり老化へと向かいます。

逆に言うと成人の身体に対しても、グロスファクターがあれば古くなった細胞や怪我でダメージを受けた細胞に替わって、新しい細胞を作り出すのを助ける働きが生まれます。

つまりプラセンタをたくさん取り入れることで、グロスファクターよって新陳代謝が盛んになり、新しい細胞が増えることで肌もキレイになるし、アンチエイジングの効果が期待できるのです。

プラセンタには他にも様々な効果があります。
プラセンタはホルモンバランスを整えるので、更年期障害の治療に使われたり(保険適用)、自律神経を整える作用もありますので、うつ症状を改善したりストレス耐性を向上させるなど、メンタルヘルスの分野でも使われています。
ほんとにいいことずくめですね。
        

SponsoredLink

プラセンタの成分・グロスファクターと効果関連ページ

プラセンタとは
プラセンタは、英語の「Placenta」で、「胎盤」を意味します。人間に限らずすべての哺乳類で、メスは妊娠すると胎児を母体とつないで育てるために、子宮の中に「胎盤」を形成します。
プラセンタの種類(原料)
プラセンタエキス(抽出物)の原料は胎盤ですが、美容目的で使われるのは、主に豚、馬、羊の胎盤です。人間の胎盤が使われるのは医療目的でしかありません。
プラセンタの摂取方法(1)注射・点滴
プラセンタの摂取方法にはいろいろありますが、注射と点滴は最も早く効果が表れる方法です。注射や点滴が使われる主な目的は、病気の治療や症状の改善ですので、医療機関で医師の指導のもとで行われます。
プラセンタの摂取方法(2)サプリメント・化粧品
プラセンタを美肌やアンチエイジング、疲労回復や健康のために服用する場合は、サプリメントやドリンク剤(いわゆる飲むプラセンタ)を利用します。病院で処方される内服薬と違い、薬局や通販などでたくさん販売されているものはこの部類に入ります。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)