人工皮膚美容最前線

人工皮膚美容最前線

 キチン・キトサン、シルク・フィブロイン・・・

シワ・シミ・毛穴対策の最前線レポート!


2006年2月 レバンテから人工皮膚美容液レバンテCE-11(シーイーイレブン)が発売されて以降、同様の効果をもたらす製品が最近いくつか発表されて、成分や使い方には違いがあるものの、自宅で行う人工皮膚美容がすっかり定着しつつあります。


従来はエステなどの施術で1回2万円くらいかかっていた訳ですから、自宅で安く行えるのは確かに魅力です。


そこで今回は代表的な人工皮膚美容の種類と製品をまとめてみました。


【人工皮膚美容のメカニズム】


 本来、シワ・シミ・毛穴といった肌トラブルに対しては、コエンザイムQ10や、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分を補給して、皮膚の内部から自力で肌のはりや艶を回復するのが正攻法なやり方だと思います。


しかし、それにはやはり手間ひまがかかります。


そこで、皮膚のような成分で、皮膚の外側から覆ってしまおうという、即効性のある方法にも注目が集まってきたということでしょう。


どのような状態になっていくのか、簡単にご説明します。

人工皮膚成分、つまり体にすぐなじむ「生体親和性」のある成分を、深く刻まれたシワや、開いて目立つ毛穴、あるいはニキビ跡(クレーター)でへこんでいる部分に密着させると、表面に人工皮膚膜が作られます。


この時点で、既にシワがなくなったように見えるという効果があるわけですが、1度や2度ではまた元の状態になります。


ところが、これを繰り返すことによって、本当の自分の皮膚へ少しずつ同化していくわけです。

しかも自分自身の皮膚も、本当に皮膚が出来始めたと錯覚して、停止していた皮膚の再生活動を再開するのだそうです。


つまり「皮膚もどき」をすり込んですべすべにすると、やがて本当のすべすべ肌になるということですね。


では、皮膚のような成分とは、どんなものがあるのでしょうか?


【1.キチン・キトサン】


 カニ、エビなど甲殻類の外皮を形成している材質を、キチン質と言います。

キチンは他にもいろいろな生物に含まれている、セルロースの構造に似たアミノ多糖体です。

豊富な資源ですが、高分子体で、このままですと普通の溶媒には溶けない為、あまり利用されません。


キチンをアルカリで処理するとアセチル基が除かれ、主としてD-グルコサミン単位からなるキトサンに変換されます。

そして、酸の水溶液に溶けるようになります。


キチンとキトサンの境界線はあいまいなので、ざっくりと、酸性水溶液に溶けるものをキトサン、溶けないものをキチンと呼んでいます。


キトサンは、医療分野では、やけどの皮膚治療や手術用の縫合糸などで利用されてきたものです。

【2.シルクのセリシンとフィブロイン】


 シルク(絹)、正確に言うと蚕(かいこ)が作っている繭(まゆ)の糸は、フィブロインという繊維状の蛋白質(たんぱく質)が約75%、その外側を包み込んでいる セリシンというたんぱく質が約25%、この2つのたんぱく質で構成されています。


フィブロインに含まれる18種類のアミノ酸は、人の皮膚を構成するアミノ酸と非常によく似ているため、皮膚細胞との生体親和性に非常に優れています。

つまり私達の肌はフェブロインを安全で害の無いものと認識して、自然に同化していくのです。


フェブロインもキトサンと同じように医療分野で使われ、ヤケドをした人に移植する「人工皮膚」や、手術の縫合用糸として使用されています。


最近の研究で、フェブロインを覆っているセリシンにも大変有用性があることが分かり、化粧品などで使われ始めました。

セリシンもフェブロインと同じようなアミノ酸組成で、天然のUVカット素材(紫外線カット素材)でもあります。

更に、私達のNMFのアミノ酸とも似ているので、保湿力についてもコラーゲンに負けないくらい優れていると言われています。

※NMF(Natural Moisturizing Factor)とは、角質細胞内に点在して、水分を角質層の中に閉じ込めている「天然保湿因子」です。およそ半分がアミノ酸で構成されています。



        

SponsoredLink

人工皮膚美容最前線関連ページ

にきび痕(ニキビ痕)ってどうして出来るんでしょう?
にきび痕(ニキビ痕)って気になりますよね。 私も中学生の頃、にきびがたくさん出来ていたんですが、 あんまり自分で潰さなかったのが良かったのか、 大人になって残るほどのにきび痕は、ほとんど出来なかったんです。 にきびを自分で潰すと跡が残るよってよく言われますけど、 ちゃんと科学的な理由があるんですよね。
にきび痕(ニキビ痕)はどうやって治療しますか?
にきび痕の治療は、その症状・状態によって一番合った方法で行うことが必要です。 例えば、茶色く色素沈着して、しみになってしまったにきび痕の場合は、 ケミカルピーリングとかレーザー治療などで、目立たなくすることも出来ます。 大変なのは、皮膚が陥没している場合(にきび瘢痕と言います)ですね。
EGFでシミ・シワ解消(ヒトオリゴペプチド-1)
私たち人間が本来持っている、新しい細胞再生を促進する成分と、それを使用した化粧品のお話です!!
乾燥肌の原因と対策
乾燥肌というは、遺伝も関係していると思うのですが、肌表面の皮脂が少なくて、 肌内部に水分を保持する成分が少ない人のお肌の状態です。 他にも下記のような原因で乾燥肌になったりします。 1.新陳代謝能力の低下によって、肌の入れ替わり周期が正常でなくなると、 古い角質がなかなか剥がれ落ちずに、新しい肌が出てくるべき場所に、 古い角質が付着したままカサカサ状態になります。 2.外気の乾燥と湿度低下によって、お肌の水分が外の空気に向かって  蒸発してしまうとカサカサの肌になります。 3.バランスを考えた食事をきちんと取っていないと、  皮膚が必要としている栄養素が不足して、皮膚にうるおいがなくなります。 4.ストレスや、睡眠不足・疲労などでも、血液の循環が悪くなることによって、 乾燥や肌荒れを起してしまうことがあります。
プエラリアの過剰摂取に注意!
豊胸効果が抜群ということで、サプリメントやクリームとして人気の、 プエラリア・ミリフィカ(別名「ガウクルア」)ですが、 「植物起源のエストロゲンだから安全」なんて謳い文句に乗ってバンバン使っていたら危険ですよ!
美容関係者に聞いた顔のくすみの改善法
ある日、美容関係の仕事をされている方とお会いする機会があり、そこで驚くべき事実を知ってしまったのです。 それは、今までの私の洗顔方法の間違いが、肌のくすみを引き起こしていたということでした。まず、洗顔石鹸をろくに泡立てずにゴシゴシと塗りたくっていたことです。 ネットなどを使い、泡をしっかり立ててから、泡で顔の表面を優しくマッサージすることが基本だそうです。 クレンジングもですが、この時、なるべくリンパの流れに沿うようにすると、老廃物も流れ、血行も良くなるそうです。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)