にきび痕(ニキビ痕)はどうやって治療しますか?

にきび痕(ニキビ痕)はどうやって治療しますか?

にきび痕の治療は、その症状・状態によって一番合った方法で行うことが必要です。

 

 

例えば、茶色く色素沈着して、しみになってしまったにきび痕の場合は、
ケミカルピーリングとかレーザー治療などで、目立たなくすることも出来ます。

 

大変なのは、皮膚が陥没している場合(にきび瘢痕と言います)ですね。

浅い陥没のにきび痕ですと、グリコール酸ピーリングを行なうことで、ある程度陥没の段差がなくなって、目立たなくなることがあります。

 

陥没が深いにきび痕には、トリクロロ酸やサリチル酸などの、やや強めの酸を用いたピーリングを行う場合が多いようです。

 

 

他にも、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法などもあるようです。

 

 

逆に皮膚が盛り上がっているような状態のにきび瘢痕は、手術で切り取って縫い合わせる方法や、ステロイド薬を局所注射する方法もあります。

 

大事な肌ですから、ちょっと危険な感じもしますね。

 

気をつけなければならないのは、にきび痕の治療には、ほとんど保険が適用されずに、実費治療となってしまうことです。

 

また特殊な治療ですし、技術が求められますから、よく病院や専門医を選んで治療しないといけませんね。

 

いずれにしても、一番良いのはできるだけにきび痕を残さないように、にきびが軽いうちに正しい治療を行なって治してしまうことが大切ですね。

        

SponsoredLink

にきび痕(ニキビ痕)はどうやって治療しますか?関連ページ

にきび痕(ニキビ痕)ってどうして出来るんでしょう?
にきび痕(ニキビ痕)って気になりますよね。 私も中学生の頃、にきびがたくさん出来ていたんですが、 あんまり自分で潰さなかったのが良かったのか、 大人になって残るほどのにきび痕は、ほとんど出来なかったんです。 にきびを自分で潰すと跡が残るよってよく言われますけど、 ちゃんと科学的な理由があるんですよね。
人工皮膚美容最前線
キチン・キトサン、シルク・フィブロインに続く人工皮膚成分、レバンテのバチルス発酵液とは? シワ・シミ・毛穴対策の最前線レポート!
EGFでシミ・シワ解消(ヒトオリゴペプチド-1)
私たち人間が本来持っている、新しい細胞再生を促進する成分と、それを使用した化粧品のお話です!!
乾燥肌の原因と対策
乾燥肌というは、遺伝も関係していると思うのですが、肌表面の皮脂が少なくて、 肌内部に水分を保持する成分が少ない人のお肌の状態です。 他にも下記のような原因で乾燥肌になったりします。 1.新陳代謝能力の低下によって、肌の入れ替わり周期が正常でなくなると、 古い角質がなかなか剥がれ落ちずに、新しい肌が出てくるべき場所に、 古い角質が付着したままカサカサ状態になります。 2.外気の乾燥と湿度低下によって、お肌の水分が外の空気に向かって  蒸発してしまうとカサカサの肌になります。 3.バランスを考えた食事をきちんと取っていないと、  皮膚が必要としている栄養素が不足して、皮膚にうるおいがなくなります。 4.ストレスや、睡眠不足・疲労などでも、血液の循環が悪くなることによって、 乾燥や肌荒れを起してしまうことがあります。
プエラリアの過剰摂取に注意!
豊胸効果が抜群ということで、サプリメントやクリームとして人気の、 プエラリア・ミリフィカ(別名「ガウクルア」)ですが、 「植物起源のエストロゲンだから安全」なんて謳い文句に乗ってバンバン使っていたら危険ですよ!
美容関係者に聞いた顔のくすみの改善法
ある日、美容関係の仕事をされている方とお会いする機会があり、そこで驚くべき事実を知ってしまったのです。 それは、今までの私の洗顔方法の間違いが、肌のくすみを引き起こしていたということでした。まず、洗顔石鹸をろくに泡立てずにゴシゴシと塗りたくっていたことです。 ネットなどを使い、泡をしっかり立ててから、泡で顔の表面を優しくマッサージすることが基本だそうです。 クレンジングもですが、この時、なるべくリンパの流れに沿うようにすると、老廃物も流れ、血行も良くなるそうです。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)