EGFでシミ・シワ解消(ヒトオリゴペプチド-1)

EGFでシミ・シワ解消(ヒトオリゴペプチド-1)

 先日は人工皮膚成分についてのお話をしましたが、今回は私たち人間が本来持っている、
新しい細胞再生を促進する成分と、それを使用した化粧品のお話です!!


アンチエイジングどころか、10代の皮膚を取り戻そうという、注目のEGFを分かりやすくご説明します。


【EGFとは】


 EGFは、Epidermal Growth Factor の略で、
上皮細胞増殖因子」又は「上皮細胞成長因子」もしくは単純に、「細胞再生因子」と訳されます。


EGFは、53 個のアミノ酸から形成されるポリペプチド、一種のタンパク質で、
私たち人間が本来持っている、細胞分裂・新細胞の再生を促進させる、重要な因子です。


EGFを発見したのは、アメリカの生理化学者スタンレー・コーエン (Stanley Cohen) 博士で、
1962 年のことでした。


コーエン博士は、マウスから新しいタンパク質 (mEGF) を抽出することに成功し、このmEGFが、
新生マウスの眼を開かせたり歯を生やすなどの、重要なキーを握っていることを突き止めました。

この発見と、その後の生化学研究の功績によって、コーエン博士は1986年にノーベル医学・生理学賞を受賞しています。


【EGFとシワ・シミの関係】


EGFは、皮膚の表面にある受容体と結びつくことによって、新しい細胞の生成を促進します。

つまり、皮膚のターンオーバー(再生周期)を決定づける因子であると言えます。


ターンオーバーというのは、表皮の細胞が、皮膚の奥から表面へ向かって押し出されて剥がれ落ちるまでの代謝サイクルのことを言います。

表皮の最初の細胞は基底層と言って、徐々に有棘層(ユウキョクソウ)顆粒層へと変わりながら押し上げられて角質層になり、最後は角片(アカ)となって剥がれます。


このターンオーバーは、健康な皮膚であれば通常28日間です。


この28日間の周期で再生できれば、シミにならないようにメラニン色素の沈着を防いだり、
シワにならないようにハリと滑らかさを保つことが出来るのです。


ところが25歳を過ぎるころから徐々にこのEGFが減少して、細胞分裂速度が遅くなっていき、
再生周期が29日〜42日(約6週間)くらいになってしまいます。


そうすると、細胞が再生しきれなくなってシミとして残ったり、角質層が厚くなってカサカサやシワが目立つようになってくるのです。

これが肌の老化現象のメカニズムです。


もちろんEGFだけではなく、コラーゲンコエンザイムQ10の減少など、様々な要因が絡んでいますが。


【EGFと化粧品】


 もうお分かりでしょうが、減少していくEGFを補充することによって、ターンオーバーを維持してシミやシワを予防し、若々しい肌を保つことが出来るのです。


ですが簡単に生産できる成分ではありませんので、EGFの発見当初は、高純度なヒトEGFですと、
1グラム8,000万円もしていたという話です。


その後コーエン博士らは、遺伝子工学の技術を用いてEGFの大量生産を行いましたが、
主に火傷(やけど)の治療を目的としていました。


その後研究開発が進み、天然のEGFと同一の組成のEGFの生産技術、さらに大規模な工業生産に見合うだけのコスト削減努力が行われて、組換えヒト上皮細胞再生因子が化粧品にまで使用出来るようになりました。

ヒトや動物から抽出したものは一切使用されていません。


日本では、化粧品に全成分表示しなければなりませんが(平成12年9月29日・厚生省(現厚生労働省)の告示によります)、EGFの成分表示名称がなかったため製品化出来ませんでした。


そして2005年の秋にやっと「ヒトオリゴペプチド-1」と正式登録されて販売できるようになり、
いま最も注目を浴びている化粧品のひとつなのです。
最近はEGF化粧品の数も増えて、いろいろ選べるところまで来ましたね。

(成分表示名称は、日本化粧品工業連合会が作成しています)


EGF配合の化粧品を選ぶときは、EGF協会の基準値を満たしている認定品であると安心です。



        

SponsoredLink

EGFでシミ・シワ解消(ヒトオリゴペプチド-1)関連ページ

にきび痕(ニキビ痕)ってどうして出来るんでしょう?
にきび痕(ニキビ痕)って気になりますよね。 私も中学生の頃、にきびがたくさん出来ていたんですが、 あんまり自分で潰さなかったのが良かったのか、 大人になって残るほどのにきび痕は、ほとんど出来なかったんです。 にきびを自分で潰すと跡が残るよってよく言われますけど、 ちゃんと科学的な理由があるんですよね。
にきび痕(ニキビ痕)はどうやって治療しますか?
にきび痕の治療は、その症状・状態によって一番合った方法で行うことが必要です。 例えば、茶色く色素沈着して、しみになってしまったにきび痕の場合は、 ケミカルピーリングとかレーザー治療などで、目立たなくすることも出来ます。 大変なのは、皮膚が陥没している場合(にきび瘢痕と言います)ですね。
人工皮膚美容最前線
キチン・キトサン、シルク・フィブロインに続く人工皮膚成分、レバンテのバチルス発酵液とは? シワ・シミ・毛穴対策の最前線レポート!
乾燥肌の原因と対策
乾燥肌というは、遺伝も関係していると思うのですが、肌表面の皮脂が少なくて、 肌内部に水分を保持する成分が少ない人のお肌の状態です。 他にも下記のような原因で乾燥肌になったりします。 1.新陳代謝能力の低下によって、肌の入れ替わり周期が正常でなくなると、 古い角質がなかなか剥がれ落ちずに、新しい肌が出てくるべき場所に、 古い角質が付着したままカサカサ状態になります。 2.外気の乾燥と湿度低下によって、お肌の水分が外の空気に向かって  蒸発してしまうとカサカサの肌になります。 3.バランスを考えた食事をきちんと取っていないと、  皮膚が必要としている栄養素が不足して、皮膚にうるおいがなくなります。 4.ストレスや、睡眠不足・疲労などでも、血液の循環が悪くなることによって、 乾燥や肌荒れを起してしまうことがあります。
プエラリアの過剰摂取に注意!
豊胸効果が抜群ということで、サプリメントやクリームとして人気の、 プエラリア・ミリフィカ(別名「ガウクルア」)ですが、 「植物起源のエストロゲンだから安全」なんて謳い文句に乗ってバンバン使っていたら危険ですよ!
美容関係者に聞いた顔のくすみの改善法
ある日、美容関係の仕事をされている方とお会いする機会があり、そこで驚くべき事実を知ってしまったのです。 それは、今までの私の洗顔方法の間違いが、肌のくすみを引き起こしていたということでした。まず、洗顔石鹸をろくに泡立てずにゴシゴシと塗りたくっていたことです。 ネットなどを使い、泡をしっかり立ててから、泡で顔の表面を優しくマッサージすることが基本だそうです。 クレンジングもですが、この時、なるべくリンパの流れに沿うようにすると、老廃物も流れ、血行も良くなるそうです。

SponsoredLink

当サイトについて

QRコード(スマフォも対応)